私は仕事をしています。一応。

 夜遅くにこんばんは。

 私は鬱ですが、一応仕事をしています。

 本当に一応、なのですが。

 

 クラウドソーシングを利用して、ウェブ上の記事などの執筆や編集、データ入力などをしています。

 毎月微々たるものですが、それでも病院代薬代と、ちょっとのお金を稼いでいます。

 記事の執筆が主ですが、大学は文学部で、特段すごい資格を持っているわけでもないので、専門的なことはほとんど書けません。なので、報酬もそんなに高くありません。

 それでも物を書く者の意地として、図々しいですが1文字1円以上をキープしています。

 といっても、手数料を差し引くと、それを下回ることもしばしばなのですが……。

 

 私の今の収入だけでは、一人で生活するなど到底できないのですが、それでもクラウドソーシングで、家で働くことに理由はあります。

 私も最初は、外で、契約社員や、なるべくなら正社員で働こうと思っていました。大学にいたころは、普通に就職活動もしていました。

 ですが、主治医の先生に訊いたところ、普通に働くのは無理だろうと言われました。

 その時は、そんなことを言われるとは思わず、結構ショックでした。でも先生がそう言ったのは至極当然でした。というのも、私は病気のせいで感情が一定せず、また薬のせいなのか眠気がひどいのです。

 なので、正社員として働くのは少なくとも無理だろう、あまり人と関わらないようなアルバイトを少しやるくらいならできるかもしれない、と。

 そこでアルバイトをしようかとも思ったのですが、とても調子がいい日の次の日には、落ち込んで死にたくなっていることもあるような人ですから、シフト通りに働ける気がしませんでした。

 そんな時に、クラウドソーシングを知り、これなら、と始めました。

 仕事を自分で選んで、自分のペースで進めることができる。私にとっては、ある意味で転職でした。

 元々文章を書くことが得意、かどうかはわかりませんが、好きで苦にならなかったので、ライターをメインに働き始めることができました。

 今のところ、良い評価をいただいていて、継続的にお仕事をさせてもらっています。

 ただ、気持ちが落ち込んだりすると、まったく手が付けられなくなるので、収入が一定しません。収入を増やそうと仕事を増やせば、すぐキャパオーバーしてむしろ収入は落ち込みます。

 さらに眠気のせいで活動時間が短く、それも収入が少ないことにつながっています。

 それでも働き始めてから約1年、毎月1万円程度の病院・薬代は少なくとも確保して、少しのご褒美と貯金ができています。

 

 さて、こんな時間にブログを書いているのは、実はその仕事が先ほどやっと終わったからです。

 今日の午前までの仕事があったので、それをこなしていました。

 最近午前中にはさっぱり起きられなくなっているので、夜やるしかなかったのです。

 少しずつ眠気がやってきているので、そろそろ寝ようと思います。

 おやすみなさい。